読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バツイチ・アラサー・わんぱく花子のやってみよう日記

関東に住むバツイチ・アラサーニート女の「やってみよう!」な毎日を詰め込んだ日記ブログです。ゆかし。

◆いきていく◆ノーを感じてイエスを知る

離婚をして数ヶ月だけど
新しいパートナーが欲しいと常々思っています。


元夫のタカオくん(仮)とは大学時代に出会い
10年の付き合いだったので

久しぶりにシングルになり恋愛市場に放り出されてみると

「あれ?出会いって、
人を好きになるってなんだっけ?」

と困惑するばかり。


そこで
自分がパートナーに求める条件
ベスト3を考えてみました。

 


1位⭐︎
夜の相性

ぶりっこしてもしょうがない。
生物的に合うか合わないかは私にとってとても重要。
ここが合わない人とは
パートナーとして一緒にいる意味がないと思っています。
味や香りの好みと同じく、
合わないからどちらかに非があるわけでなし
努力ではどうにもならないもの。
タカオくんとは決定的にここが合わなかった…。

しかしこれって、テイスティングというか
試してみないことにはわかんないんだよね。。。。。


2位⭐︎
収入

ぶりっこしてもしょうがない。(二度目)
振り返ってみると驚くことに
今まで付き合った男性はみなハイスペック男子に成長した!
なので私はお金持ち、
もしくはそうなるポテンシャルを持った人を
無意識に好きになるんだと思います…

稼いでる男、というよりも
稼ぐ力を持った男性に魅力を感じるのだと思います。


3位⭐︎
才能

突出した個性や才能を堂々と発揮している人に
魅力を感じます。
自分を生きるセンスというのかな。
コミュ力が抜群だったり
信念をもってその通り生きていたり
美的なセンスがよかったり。
鮮やかにかろやかに
自分という人間をやりきっている人を見ると
「おおおステキだなあ!!!」と大好きになってしまいます。



 と、こんなかんじで
自分がパートナーに求める
最優先項目をはっきりさせておいたら、
これがとっても良い^^


親切な方が
「いい人いたら紹介してあげるよ〜〜」と
声をかけてくださったときに
「ありがとうございます!
私がパートナーに求める大切な条件は
この3つです!^^」
と明快に提示することができるからです。


「誰かいい人いませんかー?
優しくて誠実な人なら誰でもいいです〜〜」
とかふんわりした条件じゃ
「優しいんだけどなんかちがう〜〜><」な
ふんわりぼんやりした人を紹介されることになってしまいます。
紹介してくれる側も探しづらいですしね。



と、いろいろ書いたけれど
この「パートナーに求める条件ベスト3」に加えて
クリアにしておくといいものもあると気づきました。


それは…

こんな人だけは嫌!!
っていうワースト3です。

シンプルですが
「こんな人はないわーー」って条件ほど
自分の中では当たり前になりすぎていて
クリアに認識したことがなかったりします。


花子の話をしていいですか?笑


先日、高収入でいきいきとビジネスをしている
男性を紹介してもらいました。
年齢も近く経験豊富で話していて学びも多いし、
悪くないんですよ。


でも何かが、、
何かがいやだ、、、、


何かっていうか、、、、


私、

太ってる人は男性として見られない><


えーーw


そういえば今まで太った人と付き合ったことも
太った人を好きになったこともなかった…。


太った人は恋愛対象外というのが当たり前すぎて
わざわざ考えたこともなかった!
(太っている人の価値がどうこうではなくて
あくまで私個人の嗜好のお話です)


パートナーシップって他の人間関係に比べて
心の奥底のデリケートな部分に触れるものなので
心をかき乱されることも多くあると思います。


そうなると
「なにこの男ありえない!」
「生理的に無理!」
「わたしって男運ない!」
と相手を悪者にして、非難して、終了…ってことが
あったりしませんか?
女子会でその人の悪口をネタにしたり。笑


でも
その自分の中に芽生えた強いノーの気持ち。


これを
「いやだよぉぉぉ!不快だよぉぉぉ!
なにがこんなに嫌なんだろう??」
としっかり感じて見つめる。
相手のせいじゃなくて
自分を主軸にして考える。
不快な気持ちさえも、
自分が幸せになるための材料にするんです。
ただでは転ばない!w



「こんな人がすき♡ルン♪」
「こんな人だけは嫌だあ!おえ!」
どちらの気持ちも大切なセンサーにして
自分の理想のパートナーシップのあり方を
クリアにしていきたいですね^^


 

 



と、バツイチ独身ニート女が
申しておりますwwwwwww




おしまい\(^o^)/